お茶の水女子大学
日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成
コンソーシアム・シンポジウム一覧
コンソーシアム(平成19年度)
 第2回 国際日本学コンソーシアム
責任者 古瀬奈津子・森山新
日  時 2007年12月17日(月)・18日(火)・19日(水)
場  所 お茶の水女子大学 (〒112-8610 東京都文京区大塚 2-1-1)
17日 人間文化創成科学研究科棟6階 大会議室(607号室)
18日 本館1階 生活科学部会議室(103号室)
19日 午前:人間文化創成科学研究科棟6階 大会議室(607号室)
    午後:理学部3号館7階 701号室
テーマ 日本学研究の現在と未来:国際的・学際的なネットワークの構築と活用
参加校 ロンドン大学東洋アフリカ研究学院SOAS(英国)、国立台湾大学(台湾)、カレル大学(チェコ)、淑明女子大学校(韓国)、 同徳女子大学校(韓国)、北京外国語大学日本学研究センター(中国)、パデュー大学(米国)、お茶の水女子大学(日本)
主  催 お茶の水女子大学大学院教育改革支援プログラム、女性リーダー育成プログラム(人社系)、比較日本学研究センター


12月17日(月) 第1日目    [会場] 人間文化創成科学研究科棟 6階 大会議室 (607号室)
10:00−11:30




13:00−15:30









15:50−17:50







18:00−20:00
開会式
国際日本学コンソーシアムについて 森山新(お茶の水女子大学)
大学院教育改革支援プログラムについて 古瀬奈津子(お茶の水女子大学)
連絡事項 山須三津枝(お茶の水女子大学)

第1分科(日本語学・日本語教育学) 司会:高崎みどり(お茶の水女子大学)
講   演 :
 「日中韓同形語の多義ネットワークの試案」 趙順文 (台湾大学)       

研究発表 : 参加校の大学院生
「日本語と英語における疑問文の形式と機能の対照」 金杉ペトラ(カレル大学)
「随伴現象を表す類義表現の分析:「につれて」「にしたがって」「にともなって」をめぐって」 呉宜静(台湾大学)
「中世期言語資料における接続詞『サテ』の様相について」 百瀬みのり(お茶の水女子大学)

第2分科(日本文学・日本文化) 司会:小風秀雅(お茶の水女子大学)
講   演 :
「近世神道史の一齣:天台宗、延暦寺と日吉社について」 ジョン・ブリーン (SOAS)

研究発表 :参加校の大学院生 (日本)
「明治憲法の作成と伊藤博文」 李洋(お茶の水女子大学)
「空海における神仏習合思想」 熊本幸子(お茶の水女子大学)

歓迎レセプション (茗渓会館)
12月18日(火) 第2日目    [会場] 本館 1階 生活科学部会議室 (103号室)
09:00−11:55











13:20−18:25
第2分科(日本文学・日本文化) 菅聡子(お茶の水女子大学)
講   演 :
「あいまいな都市―梶井基次郎の作品における自己と他者」 ステイブン・ドッド(SOAS)       

研究発表 : 参加校の大学院生
「三島由紀夫の身の上相談:三島の小説と女性誌との相関性」ダンカン・アダム(SOAS)
「大正期下層民と女性をめぐる<本能>の言節:『カインの末裔(1917)』と『或る女(1919)』を中心に」李承京(淑明女子大学)
「「植民地」文学におけるジェンダーの考察への試み:安西冬衛の散文詩「軍艦茉莉を中心に」許霊均(台湾大学)
「『羅生門』にみるジェロントフォビア(gerontophobia)の系譜」倉田容子(お茶の水女子大学)

第1分科(日本語学・日本語教育学)  司会:森山新(お茶の水女子大学) 
講   演 :
「映画を利用した日本語教育」 尹福姫(同徳女子大学)
「中・日対照研究と日本語教育」 徐一平(北京外国語大学)
「内容中心教授法による日本語取得」 ウェイ諸石万里子(パデュー大学)

研究発表 : 参加校の大学院生
「日本語の会話能力スタンダード作りの必要性:中級の問題を中心に」  梁爽(北京日本学研究センター)
「笑いに関する日中対照研究:語用論と認知言語学の接点から」 粟飯原美智(同徳女子大学)
「ブログを使った言語文化教育の実践:総合活動型日本語教育をめざして」 高宮優実(パデュー大学)
「中上級日本語学習者の受益表現に対する暗示的訂正フィードバックの効果:リキャスト(言い直し)と自己訂正を促すフィードバックの比較」菅生早千江(お茶の水女子大学)
12月19日(水) 第3日目   [会場]  午前 : 人間文化創成科学研究科棟 6階 大会議室  (607号室)
              午後 : 理学部 3号館 7階 701号室
09:00−11:40








13:30−16:00




16:00−17:00
第2分科(日本文学・日本文化) 司会:古瀬奈津子(お茶の水女子大学)
講   演 :
「韓国における日本史研究の新傾向」 金善民(淑明女子大学)  
「『伊勢物語』と日本の美意識」 マルティン・ティララ(カレル大学)  

研究発表 : 参加校の大学院生 
「源氏物語の贈答歌における呼応関係」 松下直美(お茶の水女子大学)
「平安貴族社会における祭装束の分配と作製」 野田有紀子(お茶の水女子大学)

パネルディスカッション  司会:古瀬奈津子(お茶の水女子大学)
テ ー マ  : 「日本学研究の現在と未来:国際的・学際的なネットワークの構築と活用」
パネリスト : 趙順文、ステイブン・ドット、尹福姫、徐一平、ウェイ諸石万里子、金善民、マルティン・ティララ、ジョン・ブリーン、 森山新

会議 (今後の交流のあり方)


 今回が第2回目となる国際日本学コンソーシアムは米国パデュー大学を新たに迎え、本学を含め8大学で行われた。また今回は本学大学院の日本学関連の既存のゼミを母体とし、そのゼミに海外から教員と研究者をお迎えした国際ジョイントゼミの形で行われた。

 17日の開会式では、まずこのコンソーシアムが国際会議や国際学会とは若干性格を異にし、大学院生の教育ネットワーク構築が主たる目的であること、学際性と国際性をめざしている点などが森山から紹介された。続いて本学が採択された大学院GPについて古瀬より紹介された。




 第1分科会の発表は、17日午後、18日午後に開催され、趙順文先生(台湾大学)、尹福姫先生(同徳女子大学)、徐一平先生(北京日本学研究センター)、ウェイ諸石万里子先生(パデュー大学)が講演され、カレル大学、台湾大学、同徳女子大学、北京日本学研究センター、本学の院生が自身の研究を発表した。

 第2分科会の発表は、17日午後、18日午前、19日午前に開催され、ジョン・ブリーン先生(SOAS)、スティブン・ドット先生(SOAS)、金善民先生(淑明女子大学)、マルティン・ティララ先生(カレル大学)が講演され、SOAS、淑明女子大学、台湾大学、本学の院生が自身の研究を発表した。

 初日17日の夜には歓迎レセプションが行われ、本学の副学長、研究科長、コンソーシアム・大学院GP関係教員、ジョイントゼミ関係教員などが出席し、海外からの来賓を歓迎した。






 最終日19日午後には全体を締めくくり、海外からの教員全員がパネリスト、古瀬が総合司会となり、「日本学研究の現在と未来:国際的・学際的なネットワーク構築と活用」というテーマでパネルディスカッションが開催された。まず、コンソーシアムをコーディネートした立場として、森山が趣旨説明を行い、続いて海外の先生方から各国における日本学研究についてご報告いただいた。続いて、今後の日本学研究、及びコンソーシアムの発展のために森山より2つの提案がなされ、それについて参加者で討論が行われた。2つの提案とは、以下のようなものである。

第一に、国際日本学コンソーシアムの発展に関するもので、〇臆誕膤悗鬚気蕕乏搬腓垢襪海箸嚢餾歸ネットワークを拡大する、⇔省科を融合しうるテーマ設定により学際性の質を高める、8什潦こ阿砲胴圓錣譴討い襯献腑ぅ鵐肇璽澆鯣展させ、コンソーシアムの海外開催の可能性を模索する、というものであった。

第二に、遠隔システムによるジョイントゼミの日常化で、TV会議システムの利用により、公開講演会、ジョイントゼミを日常的に開催する、△泙困蕨席源愼魁審査を国際化し、ダブルディグリー、ジョイントディグリーなどへ発展させる、というものであった。

討論においては学際性の追求と専門性の質の保証をいかに両立させるかに議論が集中したが、テーマの設定により学際性は今後も追及すべきである、教員の講演は教育的見地から学際的なテーマで行い、院生の発表は学際性を追求するものでも専門性を追求するものでもよい、海外でのコンソーシアム開催は近隣の大学にも呼びかけるといった意見で合意が見られた。遠隔システムの利用については、1月に公開講演会やジョイントゼミを計画しており、可能な大学と徐々に実行に移していくことになった。







 →(2) 以降、第1分科については森山が、第2分科については古瀬・小風が所感を述べる。
【以上、文責 森山新】
(2008/01/22up)