講演会

池田玲子先生(鳥取大学)講演会

2015年6月27日(土)12:45-1:45   お茶の水女子大学 本館3階 大講義室

「日本語教育の実践研究を支援していく研究会 ピア・ラーニング実践研究の場合」

第50回研究発表会と同日開催です。詳しくは研究発表会のページをご覧ください。

ワークショップ

●ラウンドテーブル2014●

「実践のプロセスを協働でふり返る―語る・聴くから省察へ―」

コーディネーター:池田広子(目白大学)

ファシリテーター:半原芳子(福井大学)、宇津木奈美子(帝京大学)

         朱桂栄(北京外国語大学北京日本学研究センター)

         高梨宏子(お茶の水女子大学院生),蒲谷ひとみ(目白大学院生)

日時:2014年8月3日(日) 10時〜16時(予定)

場所:お茶の水女子大学  共通講義棟3号館208教室

参加費:会員500円/非会員1,500円(当日入会可能)

お申込み:氏名・所属・連絡先(e-mail+電話番号)をメールで事務局までお送りください。

     事務局:genbun [at] cc.ocha.ac.jp    ※[at]を@(半角)に変えてください。

※お申し込みの際、メールの件名を「サマーセッション申込み」としてください。

〆切:2014年7月24日(木)

詳しくはこちらをご覧ください…[サマーセッションのご案内]


過去の催し

2014年12月6日(土)加納なおみ先生講演会

「多言語環境のリテラシー教育を考える:リテラシー・バイリテラシー・トランスランゲージング」

2014年8月3日(日)ラウンドテーブル「実践のプロセスを協働でふり返る―語る・聴くから省察へ―」

2014年6月28日(土)水谷信子先生講演会「日本語教育の経験と日本語の考察」

2013年8月31日 ワークショップ【終了報告

話し手と聞き手の役割に注目した会話教材ワークショップ

2012年8月8日 ワークショップ

『グローバル人材育成のためのビジネス日本語教育ワークショップ』

2012年6月1日 講演会

『会話分析的会話教育の活動デザイン-相互行為に着目した教材作成のプロセスから-』  

2012年1月23日 講演会

『認知言語学・用法基盤モデルから日本語の文法習得を考える-第一言語と第二言語習得の異同-』

2011年9月14日 ワークショップ

『今、ここで日本語教師であること−私と社会と学習者のつながりを考える』

2010年8月24日 ワークショップ

『イントネーションに焦点を置いた発音指導-楽しく学び合おう-』

2010年5月25日 講演会

『日本語を教えるための第二言語習得論入門』

2009年8月26日 ワークショップ

『自分らしい表現を創る―身体知を言葉に開く作文指導法―』

2009年5月22日  特別講演会
『 インタビューという行為とライフストーリー―自己の語られ方と相互作用―』
2008年8月20日-21日  サマーセッション
『実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから省察へ-』

2008年5月16日 特別講演会
『ピア・レスポンス―実践・研究の現状と今後の課題−』

2007年8月22日  ワークショップ3
ワークショップシリーズ3 『学習プロセスを創造するための活動デザイン-トピック・シラバスに基づく教材作成-』

2007年5月18日 特別講演会
『中国における日本語教科書編集―最新の課題報告を兼ねて−』

2006年8月22日 ワークショップ2
『協働学習のための活動デザイン−技能別学習の実践(話す・聞く−』

2006年6月1日 特別講演会
『ことばの教育と対話する力ー迫られる言語教育観の転換ー』

2005年8月4日 ワークショップ
『対話的問題提起学習を通して ピア・ラーニングを考える』 

2005年5月20日 講演会
『中国における日本語教育―運用力養成のための教授法の開発に向けて― 』