佐々貴義式言文賞

佐々貴義式言文賞(通称・義式賞)の紹介

 佐々貴義式言文賞(通称,義式賞)は,生前,本研究会に多大な貢献をしてくださった,元お茶の水女子大学准教授佐々木嘉則先生にちなんで創設されました。本賞は,ご遺族から本研究会への寄付金を基に,創設されたものです。 設立当初、選考対象は,本研究会の研究会誌である『言語文化と日本語教育』に掲載された論文でした。第52回研究会より、口頭発表・ポスター発表者から各1名を選考します。賞の対象となる発表者はお茶の水女子大学学生とします。 毎年1回,研究会において,受賞者の発表,表彰を行い,受賞者には表彰状及び副賞を授与します。 本賞の創設により,佐々貴義式先生の御遺志が本研究会のさらなる発展につながることを願っています。


佐々貴義式言文賞受賞論文・発表
受賞者
受賞論文・発表

2016年度

第52回研究会

ポスター発表

グエン オアイン

「滞日ベトナムJSL児童の二言語における動詞使用の特徴―モノリンガルと比較して―」

口頭発表 

該当者なし

 

 

2013〜2015

年度

該当者なし  
2012年度 谷内美智子 第44号「後項動詞の種類からみた日本語学習者の統語的複合動詞の意味推測の特徴−文脈量と日本語習熟度の影響を中心に−」詳細はこちら