ページの本文です。

海外で活躍する卒業生

2016年4月15日更新

化学科卒業、または大学院修了の後に、海外で研究・仕事をされている先輩方の活躍の様子を紹介します。

  • 佐藤 あやの アメリカでの研究生活
    1993年3月化学科卒・1998年3月博士後期課程修了、博士(理学)。お茶の水女子大学 大学院助手として勤務した後、1999年より、エール大学研究員、アソシエートリサーチサイエンティストを経て、2009年2月より岡山大学に着任、2011年度よりオルガネラシステム制御工学研究室を主宰。
  • 栢沼 愛  フランスとドイツの文化が混在する国際都市にて研究
    2009年3月博士後期課程修了、博士(理学)。産総研ポスドクを経て2010年4月よりストラスブール大学に博士研究員として在籍。
  • 竹内 和恵(Potter)  グローバルな仕事を通し学ぶ日々
    1994年卒。アメリカのコーネル大学にて修士課程を修了後、University of Georgiaにて博士課程修了、Ph.D取得。Air Liquide社で研究に従事した後、現在オハイオ州にあるProcter & Gamble社に勤務中。
  • 米田 敦子  国際化を進める北欧の大学
    1992年3月卒・1997年3月博士後期課程修了、博士(理学)。インペリアルカレッジ・英国を経て2007年より、コペンハーゲン大学 Associate Professorに就任。
  • 味園 知子  フロリダの国際色あふれる研究室で研究に没頭中
    1998年3月卒・平成12年3月博士前期課程修了、中外製薬研究員を経て平成17年博士後期課程修了、博士(理学)。フロリダ州立大学 Holton研に博士研究員として在籍。

OUCA「卒業生の声」

桜化会(OUCA)は化学科・関連大学院の卒業生・修了生と現旧職員でつくる会で、桜化会ホームページの「卒業生の声」には、化学科を卒業した先輩方から寄せられた記事が掲載されています。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加