ページの本文です。

化学・生物化学コース

コースの概要

  物質を構成する広範な種類の分子、生体分子及び分子集合体を対象とした、構造と性質、合成と反応、機能と現象に関して、基礎に重点を置きつつ幅広い角度から教育研究を行う。

大学院前期・後期課程入学についての問合せ先:
 E-mail: hp-m-chem@cc.ocha.ac.jp
募集要項・入試情報については、お茶の水女子大学入試課の入試情報のページを参照してください。

※平成31年度入試(平成30年度実施)より、本コースの入試方法の一部が変更されます。

主な変更点は以下の2点です。

  • 外国人留学生入試については、口述試験のみとし、口述試験の中で、専門科目(化学)に関する内容も問うものとする。
  • 一般入試については、従来通り、筆記試験(専門科目)と口述試験を行う。ただし、専門科目試験について、「物理化学、無機化学、有機化学、生物化学、分析化学」の各分野から1問ずつ計5問出題中、3問選択(昨年度までは4問選択)に変更する。

なお、外部外国語試験(TOEIC、またはTOEFL)スコア票については、一般入試、外国人留学生入試ともに提出必須です。
その他入学試験に係る詳細は、お茶の水女子大学入試課の大学院関連入試情報のページおよび、6月下旬より配布予定の「平成31年度お茶の水女子大学大学院学生募集要項」で、必ず確認してください。

コースメニュー