ページの本文です。

社会学・社会政策領域

社会学を中心に、経済学、法学などを含む社会科学を基礎学問として、人間、社会、文化にかかわる諸現象を解明する。また、社会科学の研究における理論と実証の関係のみならず、実践との密接な結びつきを意識して、政策科学的な研究として発展させることを重視している。

(2018年4月1日現在)

領域担当教員と専門分野一覧
授業科目 担当教員 研究テーマまたは研究分野
社会福祉政策論 教授 平岡 公一

【社会政策論、社会福祉(特に高齢者福祉)】

社会政策(所得保障・医療保障・社会福祉・住宅政策等)、とりわけ高齢者福祉政策の理論的・実証的・政策科学的研究、および社会学的観点からの福祉国家研究を行っている。

社会コミュニケーション論 教授 坂本 佳鶴恵

【社会学(社会意識論、家族論、コミュニケーション論)】

人々の意識と社会の変化との関係を理論的実証的に究明する。人々の日常行動及びメディアを媒介としたコミュニケーションによって、アイデンティティ、家族、ジェンダー、共同体などがどのように構築され、変化していくかを研究する。

家族変容論 准教授 西村 純子

【家族社会学】

家族関係の変容とそのダイナミクスに関する実証的研究。特に、仕事と家族生活、子育てに関わる現象についての社会学的研究をおこなっている。
比較法社会論 教授 小谷 眞男

【比較法史】

〈生活〉の比較法社会史。特にイタリアを専門的フィールドとする。

生活者環境論 教授 大森 正博

【公共経済学・医療経済学】

医療・介護制度を資源配分、所得分配の観点から分析し、望ましい医療・介護制度のあり方を考える。医療・介護制度の国際比較も行う。

社会科学方法論 教授 杉野 勇

【理論社会学・社会調査論】

社会調査法・社会科学研究法についての方法論的検討、法や規範についての理論社会学的な考察と、紛争、階層、家族についての実証的調査研究を行っている。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加