ページの本文です。

院生生活

2016年4月15日更新

院生控室

院生控室

場所:生活科学部本館2階(キャンパスマップ:39)
入室:ボタン式ロックキーの暗証番号入力で開錠。
設備:冷暖房、パソコン5台、プリンタ3台、ロッカー。冷蔵庫、電気ポット、電子レンジなど。

注意事項

  • 利用後は、戸締り、消灯などに気を付けましょう。
  • 入室暗証番号は秘密厳守でお願いします。
  • 開発・ジェンダー論コースに所属していない学生の入室・利用は禁止しています。
  • 控室内の書籍は基本的に持ち出しをせずに利用しましょう。
    など

1年生

4月 授業開始&履修登録

満開の桜

授業開始から、およそ2週間ほどが履修登録の期間です。履修登録の詳細は入学時に配布される「履修に関する案内」や「学生ポータルサイト」などで確認しましょう。

  • 修了に必要な単位は30単位で、8単位が修士論文の単位です。「修士論文中間報告会」への出席が集中講義としての単位(2単位)に認定されます。残りの単位をゼミや講義形式の授業でとります。
  • 必修科目は履修しないと卒業できません。
  • 1年目にほとんどの単位をとる人が多いものの、隔年で開講する授業や、7月、8月、12月に開講される集中講義もありますので、学生ポータルサイトや掲示板などをチェックするとよいでしょう。

5月から6月 前期の授業中心の日々

ゼミ形式の授業がほとんどです。文献を決めて、毎回担当者がレジュメを作成して発表し、全員で議論する形式です。議論には積極的に参加しましょう。

7月 前期授業の終了

期末の課題のほとんどがレポートです。レポートの提出期限は授業によって異なります。

8月から9月 夏休み

前期の授業のレポート作成と並行して、修論のテーマと研究方法を模索する時期です。夏休みの終わりに、第1回修士論文中間報告会があります。

10月 後期授業の開始

後期は必修がなくなり、同じコース内でも院生同士、顔を合わせる機会が減ります。情報交換の場として、院生控室を積極的に活用するとよいでしょう。

1月から3月 後期授業の終了、そして、春休み

後期の授業は1月末に終わります。春休みには、国内外でフィールド調査を行なったり、文献収集をしたり、修論執筆に向けて、より具体的なテーマ設定をして進級します。

2年生

7月頃 第2回 修論 中間報告会
11月下旬 修論 草稿提出
12月頃 第3回 修論 中間報告会
1月上旬 修論 最終稿提出
1月下旬 修論 審査会
2月頃 3コース合同 修士論文報告会

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加