ページの本文です。

生活文化学コース

生活文化学コース

服飾・工芸・住居など生活造形を中心とした生活文化の諸事情を対象とし、文化史・社会史・比較文化論・美学・民俗学などの多様な視座のもとで新しい学際研究を試みるコースです。特に、日本・西洋の服飾の歴史や現代モードなどの服飾文化を通して、現代の生活感情や美意識を明らかにする研究、工芸・デザインから食・住の文化に至るまで、広範の生活文化を比較文化論の立場から総合的に論じる研究、および代々受け継がれてきた生活文化を民俗学・文化人類学の立場から論じる研究が中心です。
生活文化に関する幅広い教養と視野、および研究対象についての専門的知識と独創的な分析力をもち、生活文化論を人間理解の途として日本の内外に発信する意思のある学生を求めます。

教員一覧
氏名 研究テーマまたは研究分野 主な授業科目
教授 宮内 貴久 民俗学、文化人類学 民俗文化論特論
准教授 鈴木 禎宏 日英近代文化史(工芸を中心として) 比較文化特論、生活造形特論
助教 難波 知子 日本服飾史、学校制服 日本服飾文化論
助教 新實 五穂 西洋服飾史、フランス文化論 西洋服飾文化論

生活科学部 生活文化学講座ホームページはこちらから

  • facebook
  • twitter