ページの本文です。

情報科学領域

アドミッションポリシー(博士後期課程情報科学領域)

情報科学の基礎から応用までの幅広い分野が、互いに連携しつつ研究を行うことで、高度情報化社会で要求される情報科学的な理論と応用を明らかにする。すなわち、次世代情報科学に必要な数理科学手法、現代情報科学の基礎となる計算機科学手法とその応用、自然・生命現象、生活科学などから生まれる様々な情報の利用・解析手法を研究する。これに共感する人達を経歴を問わず広く受け入れている。

担当教員一覧

担当教員一覧
担当教員 研究分野(主な授業科目)
浅本紀子 教授 離散数学・文書処理系(コンピュータ援用論)
自然や社会の現象の解析において計算機を使ったアプローチを行う。数式処理系の現象理解への応用や、知識獲得の過程における計算機による支援を研究する。また教育現場、とくに遠隔教育での計算機やネットワークによる支援を研究する。
伊藤貴之 教授
研究室HomePage
情報可視化・マルチメディア(画像情報論)
計算機と人間が視覚的に情報を伝達する技術について研究を進める。例として、情報可視化、3次元形状処理、音楽・画像・文書などと視覚情報を連動したマルチメディア技術、などについて研究を進めている。
小口正人 教授
研究室HomePage
ネットワークコンピューティング・ミドルウェア(情報ネットワーク論)
大規模ネットワークによって接続された種々のコンピュータ機器類を互いに連携させ、高度なデータ処理を行うネットワークコンピューティングにおいて、そのリソースをより効率良く、より便利に、より安全に利用するためのミドルウェアの研究を行っている。
河村哲也 教授
研究室HomePage
数値流体力学・数値シミュレーション(環境情報論)
流体力学の諸問題を計算機を使ってシミュレーションすることにより解析している。特に現在は、自然環境や地球環境問 題に興味をもち、計算流体力学の手法による現象の解析を試みている。
小林一郎 教授
研究室HomePage
知能情報処理(知能情報処理論)
近年、知的といわれるコンピュータシステムをつくるのに、言語など様々なモダリティがメディアとして活用され,その役割が大きくなってきている。本講義では知的な情報サービスを実現するために言語を中心とするメディアがどのように表現され、知的な情報処理として利用されるかについて考察する。また、Web上などで実現されてきている意味を対象にした情報処理技術についても議論する。
椎尾一郎 教授
研究室HomePage
ヒューマンインタフェース(ヒューマンコンピュータインタラクション)
実世界指向インターフェース、ユビキタスコンピューティング、ありふれた日用品としての存在になりつつある近未来のコンピュータのためのアプリケーションとユーザインタフェース手法を提案し、実装と評価を行う。
吉田裕亮 教授
研究室HomePage
応用解析学・作用素環論(非可換解析論)
非可換解析学とは、量子系を記述する数学的な道具である。 非可換解析学において、中心的な役割を果たす作用素環論、最近では特に、作用素環上で考えられる非可換確率論に関連した研究を行っている。
淺井健一 准教授
研究室HomePage
プログラミング言語(プログラム変換論)
部分評価を始めとするプログラム変換、部分継続の理論と応用、型理論、プログラムの正当性の証明、自己反映言語など、おもに関数型言語に軸足をおいたプログラミング言語の理論と応用について研究を行っている。
工藤和恵 准教授
研究室HomePage
数値計算・統計力学(統計数理論)
統計力学で扱われる問題は、幅広い。その中でも、特に量子ダイナミクスや非平衡系のパターン形成の問題を、主に数値計算を用いて研究している。
郡宏 准教授
研究室HomePage
複雑系科学(数理生命科学論)
生命活動や生命機能について数学的に研究しています。 (確率)微分方程式、線形代数、グラフ理論が主な道具です。
斎藤豪 准教授
研究室HomePage
戸次大介 准教授
研究室HomePage
数理言語学・理論言語学(数理言語理論)
自然言語の理論構築(統語論としては、組合せ範疇文法などの語彙化文法、意味論としては、ラムダ計算、動的論理、圏論 などを用いる)を行うと同時に、母語データの言語学的扱い方、および理 論・データ間の予測・検証法について研究する。また、自然言語処理、プログラミング言語、言語哲学、認知科学等、隣接分野への帰結・応用についても議論する。

異動教員一覧

異動教員一覧
担当教員 研究分野(主な授業科目)
瀬々潤 准教授
(補足)2015年10月に産業総合研究所に異動
萩田真理子 准教授
(補足)2011年度まで情報科学科、
現在数学科准教授
組合せ論・暗号理論(離散数学特論)
数えることが大好きで, 組み合わせ論の研究をしています。これまで研究してきたことが実際にどこかで使われるようになったら素敵だなと思ってアルゴリズムも勉強中です。現在は, 暗号理論, 擬似乱数の配置問題, 符号の存在性など, 情報科学に現れる組み合わせ論の問題に取り組んでいます。
渡辺知恵美 講師
(補足)2013年5月に筑波大学に異動
データベースシステム(データベースシステム特論)
データの格納庫である「データベース管理システム」の基礎技術とその応用が専門です。現在、ネットワークやデータの形態が多様化するなか、世界中に大量にあふれるデータをどのように整理し、格納し、管理し、検索する方法について日々研究しています。現在データベースセキュリティ、Web からの知識発見、探索的検索に取り組んでいます。

コースメニュー